room of alchemy - 錬金術の部屋 -

selaのプロフ☆和田灑羅(sela/俗名:和田百合)☆株式会社SVT代表取締役。2011年より、「魔法の時間」というスピリチュアル・ワークショップを主宰中。

日月神示を読んでみよう

身魂を養う

日月神示 上つ巻 第17帖です。

原文は食のお話です。この世はすべて㋹のものだから作物はまず㋹に供えてから頂きなさいというお話なのですが…。神社とかお寺さんは一度お供えしたものを日々のお食事として頂いてるところも多いでしょうが、家庭ではそういうことしてませんよね。家庭菜園とかでお野菜育ててはいても収穫したものを神棚やお仏壇にお供えするなんてことしませんよねぇ~。そういうことをしないといけませんよ~ってお話もありますけど、今回のお話はそれだけじゃないのでした。

お神さんはこの世のすべては㋹のものだと言っています。大地も、そこから収穫されるものも、そして明記はしていませんが大地から命を得ているすべては㋹のものだと暗に言っていたり。お寺さんはさすがに殺生を良しとしていませんので農作物をお供えするにとどまっていますが、神道ではすべてはお神さんの恵みと捉えているのでお肉やお魚などもお供えとして祭祀の時には三方に載る訳です。それと同じように人は口にするものはすべてお神さんにお供えし感謝した上でそれを頂き調理しなさいってお話になるのです。

さてさて…現代の家庭事情として、神棚や仏壇のあるおうちというのはかなり少ない訳で、お供えして頂くというのも難しい場合もあります。そういう住環境の方が神示の言うようにはできないと反論もあるでしょうが過去の神示の記事でも触れたように㋹は誰の内にも居ます。なので、食に関しては自分の内にある㋹に捧げるつもりで頂くようにしましょうとなる訳です。

ここで問題です。お神さんにお供えする食です。どんな食をお供えしますか?

現代人の多くは食に対して無頓着です。食べれればいいという方も居ます。高価な食材を贅沢に調理したものを好む方もいます。神示が求めているのはそいう様々な嗜好のことではありません。身魂の栄養となるものであればここでは何を供えるかは問題にされていません。(読み進めると食すべきものに触れてますが、この帖では触れていませんので割愛します。)ただ、身魂の栄養となっていないから現代人は過食になっていると言ってはいますけど。

身魂の栄養になっていないため、現代人の多くは肉体の維持に必要な量以上のものを食す結果になっています。過食の一因として身魂が必要な栄養が足りてないからだと言ってるのです。ではどうするか。身魂が必要とする栄養を足りるようにしてあげればよいってなりますね。そのためにも㋹に供えるということが大事になると神示は語っているのでした。

selaぴょんも㋹のことをいつでも考えてるかというとそういう訳じゃなく、身魂が栄養失調になってるからか食べてるのに食べたりないと感じることも多かったり。そのせいか「子豚ちゃんがころんころん」なんて揶揄されてますけどね><
立春を目前に神示の内容がこれってことは、お神さんを意識した食事をすれば「子豚ちゃん」なんて言われなくなるんだろうと思いつつ…あとはいつまで続けられるかだな( ̄▽ ̄)

「日月神示」という名称

上つ巻16帖その②になります。

この帖の前半、神示の言うところの「火」と「水」は漠然とでも理解してもらえたってことで
後半「月の仕組み、…(略)…神世の秘密と言う」に至るお話をしていくことにします。

くどいようですが、日月神示は新しい世界が来ること、そのための新しい仕組み
そして新しい世界に必要とされるためのお役目や心つもりなど
大筋は一つなんですけれど、多岐にわたって事細かに語ってくれちゃってます。
そのため、大概の方はその枝葉に目を囚われて「大筋」が見えなくなってしまうんですよねぇw
で、今回は単純化して考えてもらうことにしました^^
16帖の説明にあるように仕組みとは大きく分けて日(太陽)の仕組みと月の仕組みの2つです。
お神さんが降ろされた仕組みな訳ですから、この仕組みはお神さんが指示したもの
ってことで「神示」ということになるんですね。
で、太陽と月の仕組み…日と月の神示→「日月神示」ってこととselaぴょんは理解してます。
オイオイって呆れないでくださいよ~^^; 物事単純化すれば大概はこんなもんなんですからw
でもって今回のお話はここで終わりじゃありません。
本題はここからになります。

この神示を降ろされたお神さんは艮の金神…国常立命なんですが~
(後の帖で、神示を降ろしたのが誰かというお話がありますので
 このお話はその帖の時に触れますので今回は割愛します。)
16帖では「日のお神さんと月のお神さんによる弥栄の仕組み」って明言してくれてる訳です。
神示を降ろしたのは国常立命だけど、実際の仕組み運用は自分の管轄じゃ無いよって
言ってくれちゃってるもんだからいろいろとめんどくちゃいw
とりあえず、昨日の「火と水」が「日と月」になるところからお話します。

まずは火です。
五行で「火」とは大きくは「太陽」、身近なところだと炎といった文字通りの「火」。
なので太陽と火は「火」というカテゴリーの中では同一になります。
ってことで、「火」が「日」な理由は単純明快ですよねぇ^^
…説明簡単で楽だわ~w

説明が大変なのは「水」と「月」でしょうか。
記紀で語られる三貴神。天照と月読と素戔嗚。天照を除く二神は方や月の神。方や大海原(水)を統べる神。
世の中ではこの二柱のお神さんを同一神って言う説があります。
(厳密には違うんだけど、そう言えなくもない事情があるので
 ここでは、この二柱のお神さんを同一視しても障りはないだろうってことで…^^;
 この辺のお話は今回の主題とはズレれるため、後日「記紀」で触れますので今はご容赦を><)
ですので、月の神と水の神が同一であるなら「水」=「月」でいいでしょうってお話です。
世の中、多くの方は神示が語る日神=天照、月神=月読(素戔嗚)としているので
これでもいいのでしょうが…さてさて…なのですよw
神示の言うところの「日神」は天照ではないのです。「月神」も月読や素戔嗚ではないのです。
いずれ「日神」「月神」がどのお神さんを示しているのかはするとして
説明を簡単にするために世の中の主流の意見に今回は便乗しちゃいます><

他に、
「月」も「水」も生命にとっては必要不可欠なものであるとして結びつけることもあります。
「月」と「水」は互いに影響しあってる部分が多分にあるので、「水」=「月」という見做しもあります。
いずれにしても、この二つ、別物のようでいろいろなところで強い繋がりがある訳です。

ここまでで、日と月の神示ってことは何となくでも理解して頂いたところで
では、日の仕組み、月の仕組みって具体的に何?ってお話になりますよねぇ~
その辺は16帖でも「うにゃむにゃむにゃ…」になったままなので
実際神示の中で語られるまでは保留ということにしておきます。
ただ、この16帖で大事なポイントがあるんですねぇ~☆
文章を引用するのは好きじゃないけど、「ここ大事!」なので引用してしまいます。

「月神と日神二つ展き」…月神と日神の二神が明らかとなったとき
「地上弥栄みちみち」…地は栄え、満ち足り
「世の初め悉くの神も」…この世を作ったお神さん達も
「世と共に勇みに勇むぞ」…新しい神(月神と日神)と共に歩む
「世はことごとに統一し」…分裂しているこの世(国、民族、政治、宗教など)は統一され
「神世の磯極まる時代来る」…神示の語る新しい世の中が始まる
「神世の秘密と言う」…しかし、これらは未だ、すべてが明かされた訳ではない。

まぁ~お神さんの言うところの「世の立て直し」が一向に始まった気配がないのは
未だ「月神」と「日神」が世の中に明かされていないってことで
ついでに↑の日神・月神が三貴神のいずれでもないって証明でもあったった☆
…謎解きはいずれします。まだまだ先のことですが^-^
なんせ、神示のsela流解釈は上つ巻の16帖までしか来てないのですから^^

「火水」と書いてカミと読む

上つ巻 16帖です。

火水でカミと読みます。
日本語の特徴、同音異字は同じものを指すことがままあるということで
火と水は二つ揃ってお神さんになるってお話です。

かなりスピ系に傾倒してる方や神道に詳しい方でも
知らない人が意外と多いお話だったりするんですよねぇ~^^;
以前スピサロンを開く際にselaぴょんとこでお勉強してない子を
面接した際に火と水のカードばかりが出て読み切れなかった方が居ました。
「火水=神」という概念を知っていれば読み切れた簡単なお話でした。
あ~こういう事って教えてくれる人が居ないと知らない場合が多いのか~と
その時はしみじみ思ったものですが…^^;
当然ながらselaぴょんとこでお勉強してた子にはしっかり教えてますよww
…ちゃんと理解できてるかは別のお話ですど^^;

さてさて火水(かみ)のお話に戻しましょう^^
16帖を理解するのは少々大変かもしれませんが
そこはできるだけ簡単にお話するように頑張ります!

難しいお話の前に神道の概念から。
神道の根幹の一つに「いかに穢れから身を守るか」ということがあります。
伊邪那岐が黄泉帰り、死者の国の穢れを祓うために禊したのが所以とされています。
以来、穢れを「祓う」ための技術が発達することになりました。
それが神道由来の陰陽道(陰陽師)、古神道由来の修験道(修験者)、仏教由来の退魔行(退魔師)…
などとなる訳なんでですが近頃は映画だのコミック、小説に多用されてますから
これらを生業とする方がどんなものかは何となく理解して頂けることでしょうw
余談ですが、陰陽師を名乗るためには神職であること
(知人の陰陽師さんが言うにはそうらしいです。…その方には内緒でいろいろ教わりました。
 肩書き名乗る必要ないから神職にはなりませんでしたけどw)
退魔師を名乗るには仏門に入ること
(退魔師の勉強したときに出家しないと勉強すらダメ言われたので><
 …出家しなくていい方法を探してもらいましたのでselaぴょんは出家してませんw
 でも度牒は頂いてます。「灑羅」の法名がその証です^-^)
が必要らしいので、その辺のお勉強をちゃんとして肩書き名乗りたいって方は
頼りになる師匠を見つけることから始めてくださいませ^^

脱線しすぎました^^;
そういう職業が発展したのはすべての人が穢れを祓う技術を持っていた訳ではないからです。
そのため誰でもできる、より簡単な穢れを払うための手段が必要になりました。
簡単な穢れは自分で祓い、自分ではどうにもならないものは本職に依頼する訳です。
自分でできる祓いの手段として汚れは水で洗い流せるように
穢れも「水」で洗い流してしまえはいいだろうという発想が出てきました。
記紀で伊邪那岐が黄泉帰り後、沐浴して穢れを祓った記述によってその概念は確たるものとなりました。
滝行や寒中水泳、神社の手水場で手を洗い口を漱ぐ、
伊勢の内宮に参内する際に五十鈴川で沐浴する…といった行為は
「水」による祓いが現代に残った一例です。

では、水で洗い流せないものはどうするのか?
「火」で燃やしてしまえってことになります。
その最たる行為としては、現代のように病気に対する知識がなかった時代
疫病が起きた村を丸ごと燃やしたのは洗い流せないなら…の思想の一旦でもあったり。
疫病だけではなく洗うことのできないものは他にもあります。
例えば思想などの人の思いなどです。
古の時代には人の「悪意」が病や不幸をもたらすものと信じられていたので
そういうもの(願望を含めて)はお札や護摩木に書いたり(思いを託して)
人形(お雛様とか)のような形代を燃やすことで洗い流せないものを祓おうとした訳です。
焚書も政治的な要素だけではなく、思想の穢れを燃やして祓うという強硬手段でした。
現在でもお寺さんや修験道、古神道などの行者さんがやってる護摩行は
「水」で祓いきれないものを祓うための「火」による祓いの形として残ったものです。

穢れを祓うことは人が神のそばに近寄るために必要な行為でした。
そのための火と水による禊は人がお神さんに近づくために必要な要素であり
日月神示では火と水が中心のお神さんと人を結ぶもの
穢れを祓った後の純粋さを表面に表わす(ひらく)ものとしてお神さんと同格に扱われるのです。


次に…
「日月神示」の名前の所以がここに書かれていたり^^
↑の「火と水」が「日と月」ってことで「日月神示」という名称になってるってことです^^
簡単ですねぇ~^^さ~16帖はこれで終わり…って言ったら
「なんで『火と水』が『日と月』と同じになるんだ~??」ってきっと怒られるよね><
でもこのお話は「火と水」のお話以上に長くなるなぁ~ってことで
16帖はその②に持ち越すのであったった☆オイ!

㋹の臣民

2015-06-09 17:15:25 初出

上つ巻第15帖です。


お神さんが求める臣民とはいかなるものかというお話です。

神示は神道がベースとなっているため神示の言うところの

㋹の臣民とは日本人のことを指すと安易に考えられがちですが

そんなことはないのです。

神示にもあるように顔は㋹の臣民のようだがそうじゃない人

顔は㋹の臣民には見えないけれど臣民である人が居ると書かれています。

どういうことか?

単純に言ってしまえば「あなたの精神は日本人ですか?」ってことです。


ということで今回は何をもって日本人と言うのかというお話です。

神示で言うところの日本人というのは国籍や人種を

指しているわけではありません。

だから様々な顔の臣民が居ると書かれているのです。

人種的日本人だからと言って臣民ではないと書かれているのです。

では臣民の定義って何?となりますよね。

そして以前にも触れた神民と何が違うのかってなりますよね?

ざっくりと言うなら神民とは己の身魂の洗濯をしている人

臣民とは神民でありかつお神さんの計画(思惑?)を

広めるために活動している人とでもなるんでしょうか。


日本人より日本人らしい外国人が多いことに気付いてますか?

日本人なのにそんなの知らないよってことを知ってる外国人って

よくTVに出てるんで感心しちゃいますよね^^;

そんな外国人の中に臣民が紛れ込んでると思ってもらうのが

手っ取り早く理解できるんじゃないでしょうか。

…厳密には違うけど^^;

そしてその逆で日本人なのに日本人としてのプライドもなく

日本の神話・歴史・宗教への理解もない

ただ国籍とDNA情報が民族的に日本人ってだけの人が

あふれかえってる事実も。


近頃は「大和魂」とか「大和民族の矜持」と言った啓蒙活動が

盛んですけれどそれで日本人に目覚めてくれる人が

どれだけいるのでしょうか?

神示のこの帖ではそういう活動も臣民としての仕事だと

書いてはあります。

…活動してる方たちの解釈や趣旨がずれていなければ…

ついでに神示はただ人を増やせばいいという訳じゃないとも

書いてるのでいろいろと微妙なところもありますけれど

そこはまぁそれってことでお茶を濁しておきます。


さてさて

今この記事を見ているあなたはお神さんの求める

日本人ですか?それとも日本人の振りした人?

案外、日本人だって勘違いしてるだけの人かもしれませんよ~w

身魂の洗濯

2015-04-04 11:37:07 初出

日月神示 上つ巻 第14帖です。


日月神示でよく出てくる㋹(かみ)とは肉体(身)と心(魂)を表したもの。

肉体という器だけでも生きてはいけないし魂だけでも生きてはいけない。

両方があるべき形で揃ってこそ生きていると言えるわけで。

神示自体が神として生きる生き方の指南書みたいなものなので

あたり前って言えばあたり前のお話なんだけれど。

いくつかの奥深~い意図がここにはあったりするんですけどねぇ~


今を生きる人の多くは体か心のどちらかだけに重点を置いていて

両方同じように磨こうとしている人が少ないってことです。

スピ系の方々は精神性を磨くことには頑張りますが

自分の肉体には無頓着な方が多いでしょ^^;

逆に物質的な価値に重きを置く人は肉体は磨くものの

精神性は世の中の「善人」の範疇に収まってればいいと言う程度の方が多い。

器と中身が揃ってこその神であるならば

どちらも同じように磨かなければいけないはずなんですけどねぇ~^^;

なので、神の魂が住まう神殿である肉体を綺麗にしろと

説く教えがあったりする訳なんですが…できますか?w


寺社仏閣、神殿と呼ばれる建物は神の住まうところとして

常に掃除が行き届き、不具合があればすぐに直され、綺麗に維持されます。

同じように神の魂が住まう神殿である肉体も常に最上の状態を維持すべきです。

神殿を掃除するつもりで肉体も清潔に保ち、他者に不快感を与えることなくする。

神殿があるべき形で維持できるように、健康に留意する。

その一つとして不摂生は控える(たまにならいいでしょうが)ようにする。

食べ物も自分の中の神さまへ捧げるに相応しいものを備えるつもりで選ぶ。

難しいですけどねぇ~^^;特に飲食はw

でもたまになら良いんですよ。不摂生したってw

聖書にある放蕩息子のようにちゃんと自分の否を認識して反省して

あるべき場所に立ち返られるなら…ですが。

毎日が↑の放蕩息子状態ってのはさすがにちょっと…ですけれど^^;

ちょっと考えて許されるだろう頻度で不摂生して下さい。 オイ


肉体と魂は物質と精神という言い方もできます。

西洋の物質主義。東洋の精神主義。にも通じるものがあります。

かつて世の東西は分断されていたに近い状況でした。

近代に入って交通の発展に伴い徐々にその分断は解消され

今や「グローバル化」を合言葉にするような東西融合が起きています。

はるか昔、東西の行き来をするだけで何年もかかった時代に

東西融合を試みた学者が居ました。

数学の有名な定理でお馴染みのピュタゴラスさんです。

彼はそれを説くために「ピュタゴラスの黄金詩」なるものを残しています。

ここで詳しく触れると冗長になっちゃうので省略しちゃいますが。


そんな訳で古の時代から、東西の思想融合を試みたり

肉体と魂の同時性、片方だけではダメだと説くの宗教家や哲学者は

意外と多かったりするってことですよ。我々がそのことを知らないってだけで。

まぁ、多くは迫害にあったり、その書物も異端として焚書にあったりと

まともな記録すら残っていない場合が多いんですけどねぇ~


ということで。

グローバル化がお題目のように唱えられる現代だからこそ

思想の東西融合、肉体と魂の一体化、そういったことも受け入れやすく

なっている訳ですし、何より異端と迫害されることもないしw

大いに肉体と心磨きに励んじゃって下さいませませ~なのでした♪