room of alchemy - 錬金術の部屋 -

selaのプロフ☆和田灑羅(sela/俗名:和田百合)☆株式会社SVT代表取締役。2011年より、「魔法の時間」というスピリチュアル・ワークショップを主宰中。

無の書 実践編

印形(シジル)

無の書です。今回のお話はイミフな呪文とか符(シンボル)とかをどうやって作るのってお話です。

selaぴょんがひらがなとか数字の読み書きができるようになった頃の遊びです。お友達の姉兄(小学生)の間で流行ってるとかで、selaぴょんのお友達の間でも広がったんですけど。ひらがなで簡単な文章をつくり重複する文字を消し込み、残った文字で別の単語や言葉を作るというもの。単なる子供の言葉遊びが無の書では呪文(マントラ)作成の手法じゃないですか。もうびっくりですよw当時何でこんな遊びが流行ったんだろうと謎なんだけど。

無の書では英語での文章が例題になってます。英文で重複するアルファベットを消し込んで残ったアルファベットで違う文章を作る。…ひらがなとアルファベットの違いだけじゃん!ってことです。無の書はアナグラムだけじゃなく、残った文字を図形的に組み合わせることでオリジナルシンボル(符)にすることや何らかの行動や願望をイメージしその形を簡易化することでシンボルにする方法など紹介しています。必ずしもこの手法に準じる必要はありません。自分なりの手法を作るのもありです。その場合は自分だけの法則をちゃん決める必要がありますけどね。

ここで言うシンボルやマントラは万人に理解される必要はありません。それを使う自分だけがわかればいいのです。RPGをされる方なら「何でDQの回復魔法はホイミなんだ?」って思ったことありませんかw DQシリーズで遊んだことのある方なら「ホイミ=回復」って認識ができていても、初めて遊んだときはものすごくイミフだったことでしょう。でも「ホイミ=回復」ってワード設定した人には法則があったはずなんです。どんな法則かは別として、自分でマントラを作るというのはそういうワード設定(自分だけの言語をつくること)に似ています。だからこそ他人にとってはイミフでいいし、イミフになっちゃうんです。そのマントラを作った人にとっては元の意味ある文章を知っている訳ですから、イミフな言葉は作者にとっては意味がある言葉であり、何かを成すための言葉…呪文…である訳です。さてさて問題は印形を作る意味と使い方の部分。

引き寄せの法則のように自分の欲望を思うだけで願望を叶えるケースもなくはないですが、自分の望む欲望を意識し過ぎても失敗するし、何度か失敗すると人は成功すると信じなくなってしまうので魔術訓練に向きません。実現しない欲望程、望まないことを引き寄せるという矛盾に陥るのを避けるため、自分の思考の中から目的の欲望を都合よく消す作業が必要になる訳です。その道具として印形が有用なんですねぇ~。印形を作るとき(使う時)、一旦はそれが持つ自分の欲望に意識はフォーカスされるけれど、印形によって欲望は簡略化されたりイミフになってたりと、直接的にその欲望へのイメージを維持し続けるのは難しいという事実があります。印形が単純であればあるほどその欲望に集中し続けられないというw結果、自分の欲望は現実化しやすくなる訳です。

東洋の符術等は既にイミフなイメージ画が先にあってそれを模写して行使する訳ですけれど、無の書は模写ではなくオリジナルで作るってだけのこと。そして、西洋魔術であれ、東洋魔術であれ、「忘れる」という作業は大事だったりします。後はどういうタイミングでそれを使うかってことですが人によってそのタイミングもマチマチです。いろいろなタイミングを試しながら効率のいいタイミングを見つける必要もあります。

ちなみに、selaぴょんの場合は感情の起伏が激しい時のピーク時程結果がいいw感情が収まるのに合わせるかのようにその時点での欲望も綺麗に忘れてしまうからなんでしょうけれどw なので、怒りとか負の感情はあまりよろしからぬ結果をもたらすのでできるだけ感情に波風を立てないようにしてるのであったった💦

魔術実践準備

久々に無の書に帰ってきました。やっと「魔術」らしいお話に入れます!オイ

今まではいろいろな瞑想を通して、魔術師の心の状態や魔術を実践するための精神状態を鍛えるようなお話ばっかでしたけど、ここからはより実践的なお話や「魔術理論」のようなお話になるのですけれど…。その前準備がまだあるのだよ><

無の書の著者は前準備の1つとして、『魔術師は何らかの占術(卜占系。占星術は該当しない。)に精通していること』を条件としています。それも、偶然的要素や自己願望要素を排除できるだけの習熟度が必要と言うから…ま、大変ではありますね。どの程度の習熟度が必要かと言うと、オラクルカードなら自分の意識を変容させ、その絵の中に意識を遊ばせられる程度、ルーンならその文字、易占ならその卦(長線と破線を組み合わせた64の印形)が象徴するものを心意的に具象化できる程度ってことになります。

2番目の準備はどんな時でも瞬時にトランス状態になれるようにしておくってことでしょうねぇ~。手印とかマントラにそのための条件付けすることで瞬時に求められる状態になれるようにするのも一つの方法です。(前回までのお話がこのための訓練だったんですけどね。)

3番目は魔術武器の用意らしいですね。そんなの用意したっけか?って自分を振り返ってみたときに、まだオカルトの世界に片足踏み込んだ時に独鈷だの水晶ポイントだの持ってたっけと思い出しました。でも、当時はそういう目的で持った訳じゃなかったんだよなぁ~と思いつつも、結果としてそういう役目になってたのかと今更ながらに納得ちう^^;
魔術武器に関しては著者の解説もあって、『魔術師の熱望を体現していなければいけない』としてるものの、それを苦労して自作したり、入手に対して重要視しすぎちゃいけないとも釘刺してます。実際よく見せられましたけどね。 「これは、これだけ苦労して作りあげたんだよ」 「これを見つけるまでにいろいろと探し回ったんですよ」 とかいう銀製やクリスタルの短剣だのワンドだのの数々をww それ、道具に振り回されてませんか?って状態なので著者も釘刺してるんだろうなぁ~とselaぴょんも納得してしまいます。

4番目、追儺儀式。喩えるならハードなスポーツを行うときのアップとかダウンといった軽い運動のように、本来の目的であるところの魔術を行う前準備や完了させるために行う儀式のことです。オカルトの世界だから現実世界のものの考え方ではありえないことも、起きちゃう世界だったりもしますから自己防衛はきちんとしておけと言うのが著者の意見です。そのためには自分で視覚化できる障壁を張れとか、第三の目や音に集中しろだの、短時間でも思考停止の状態をつくらなければならないとかありますけどね。追儺儀式はできた方がいいのでしょうができないからと言って嘆く必要もありません。できなければ自分の手に余るような魔術行使をしなければいいだけのことですからね~ニッコリ

魔術実践のための前準備ですが、これで完了ってことではありません。他に印形とかマントラとか準備するものはあるのです。ということで印形とかマントラといったお話は次回に持ち越すのであったった☆

変容

2015-09-01 12:28:30 初出

無の書もやっと瞑想編の最終回です。長かった~><

とはいえ、全体から見れば1/10も終わってない訳だから…

先はもっともっと長いってことだよね><…うぅ~…頑張る><


まずは言葉の定義から^^

魔術的変容(メタモルフォース)とは自分の意志で自分の心を再構築すること。

わかりにくいよねぇ~w

例えば、心の問題で何かを追い求めるならば

その反対のことも理解しなければいけないってこと。

善とは何かを知るためには悪とは何ぞやってことを理解しなくてはいけない。

楽しさを知るためにその反対の苦しみや悲しみを理解しなければいけない。

人の心は常に相反する2つの事象の間で揺れ動くものなので。


ですが!ここからが本題w

魔術的に心を再構築するのに実はそんな事関係ないってお話です。

苦しかろうが、楽しかろうが、善いことをしてようが悪行に走ろうが

魔術的には何の意味も持たないのです。

必要な時に、必要な状態に心を保つ。それだけです。

…が、人の心は得てして弱いのですよ><

そうなるためにこれまで面倒な瞑想を続けてきた訳なんです。

果たしてどれだけの方がそこまで到達できているかは謎ですが。


言葉をかえましょう。

変わるってことは不変の状態を維持できなければ起こらないってことで。

その不変の状態を作り出し維持するための方法は瞑想しかないってことは

理解してもらえたんじゃないかなぁと思うのです。

何度も言いますけど、人の心は弱いので鍛えてあげないとダメなのです。

↑の二元性を持ち出すなら、自分の心の弱さを理解してこそ

不動なまでの心の強さを手に入れられるってことになりますかねぇ~

これまでの瞑想をちゃんと実践した方なら如何に心は惑わされやすいか

体験として理解できたと思うのでこれ以上くどいことは言いませんけれど^^

変容のためには絶え間ない瞑想だけではなく次のことも必要です。

哄笑と非執着(非無関心)だと無の書は言います。


無の書では「哄笑とは宇宙が宇宙自身をからかう唯一の行為」と表現してますけどね。

楽しいことだけではなく、嫌なこと、苦しいことさえも笑い飛ばす。

取るに足りないことや無意味なことにさえ笑いを見つける努力をする。

全てのことを笑い飛ばせるようになるまで意識的に続けることが必要です。

どんな些細なことさえも笑い飛ばせる器量を身に着けたとき

清濁併せ呑む度量が生まれ、それが心の強さに結びつくのです。

瞑想の中で自分を悩ませるように湧いてくる

胸糞悪くなるような思考を笑い飛ばせるようになったら

1つ目の変容ができたということになるわけです^^


で、二つ目。

魔術師は成果を期待してはいけないって言うのですよ。

実験は必ずしも成功するわけではないし、結果が期待通りになるとは限りません。

引き寄せの法則がうまくできない人のお話に通じますけど

成功した経験のない人は成功が如何なるものかを知らないがゆえに

成功を引き寄せられないのに似たお話になる訳です。

だから、魔術師を目指す人は何かに執着してはいけない。

特に成功とか、成果とかね。

ただ、執着には2面性があるのです。肯定的なものと否定的なものが。

例えば「お金持ちになりたい」という執着は現実にお金がないために

引き起こされることが多々あります。

お金持ちになるということとお金がないという現実は一つの事象の裏表なのです。

「お金持ちになりたい」という執着はその反面である「お金がない(貧乏)」に

執着することでもあるのです。

だから引き寄せの法則も含めて過剰な執着は反面を強調しかねないので注意が必要なのです。

だからと言って、執着の対象に興味を失うのはまた別なのです。

反面が協調されるのもまた魔術的現実なのですから。

2つ目の課題は難しいですけどね~


そこで3つ目の訓練になる訳です。

どれだけ無害に見えても「習慣」は魔術師には邪魔なのです。

まずは無害に思える習慣を失くす努力をしましょう。

食事の前には○○をするとか、仕事中、何時にはお茶しなくちゃダメとか

無くても苦にならないところから初めてみるのをお勧めします。

次に無害な新しい習慣を付けてみるとかね。

ただし、精神的、感情的、自己中心的に意味のないことを選ぶこと。

それと失敗する可能性のない単純なことを選ぶことです。

「失敗」の記憶は根深く残るのでこの先様々な新しいことを始めるときに

「どうせまた失敗する」という感情が先に立って何もできない子になっちゃうからです。

裏表一体で存在する肯定的な事象と否定的な事象では

否定的な事象のほうが現実化しやすいってことなんですよ^^;

ま、ちっちゃな事でも成功(肯定的)事例が積み重なれば

失敗(否定的)事象は影が薄くなるので成功の積み重ねは大事なんですよねぇ~

「自分はできる(子)」って信じることがとっても大事なんですよ^^


それと、習慣は「~しなければらなない」に繋がり

それは人の自由を奪うのです。

人ではなく機械化しちゃうってことになっちゃうんですよねぇ~^^;

だから習慣にしない。気が向いたときに気が向いたことをする。

自分の意志で選択してそれをすることが大事なんです。


さてさて、今日のお話はどれだけの方が理解できたかは別として

ここまでのことができるように努力して下さいなのでした^^

次回からやっと魔術らしい話になるじょ~なのだったった☆

イメージへの集中

2015-06-22 13:03:42 初出

今回も瞑想のお話といえなくもないのですが

前回までとはちょっと違います。

前回までは目に見えるもの、耳で聞こえるものへの集中でした。

今回は見えないものに集中する訓練です。

目を閉じて心の中に単純な図形をイメージしましょう。

できましたか?

丸や三角、四角などできるだけ単純な形を

ちゃんとイメージできるまで頑張ってみちゃって下さい。

簡単にできるかできないかは個人差もあることなので

どのくらいの訓練でできるようになるかは人それぞれです。

これができるようになれば今回の訓練は終了です^^

無の書はそれ以上のことを要求してないですしねぇw

だからと言ってここで終わったら怒られちゃうのは必至?

さすがに怒られるのは…なので応用編にいっちゃいます☆


イメージする図形をどんどん複雑にしていきましょう。

丸も単純な円ではなく2重、3重の円、その間隔も等間隔や

等比間隔にするなどより幾何学的なものにしていくこと。

三角形ならば正三角形、二等辺三角形、更にはそれらの重ね合わせ。

四角形なら正方形、長方形、台形、菱形など。

更には丸、三角、四角を組み合わせた魔方陣へと発展させていく。

より高度な訓練を望むなら単純な図形を回転させ立体をイメージする。

停止した図形が様々な角度に立体的に動くようになるところまで

イメージできるようになれば完璧じゃないかなぁ~

…弊害もなくはないですけどね^^;


昔(?)人数合わせで参加させられたセミナーで

暇で暇でつまらなくなり、すみっこで知り合いと強制トランス状態を作り出す

遊びを始めたことがありました。セミナー開いてる側の若い男性に見つかって

簡単に仕組みみたいなことを説明したら興味を持たれたというかw

結果、そのお兄さんはイメージで見えた光景というか

幾何学図形の華麗なまでの動きに感化されてしまい

セミナーどころではなくなったというか…仕事はいいの?と

こちらが何度か言わなきゃ脱線しまくる状態になっちゃったというか^^;

…selaぴょん的にはそんなになる程のことはしてないぞと言いたいのだが…

いずれにしても正確なユークリッド幾何学図形などを

立体化させ全方位から眺めるイメージができるようになれば

その美しさに感動することでしょう^-^


でもって更なる奥義(?)を付記するならば

視覚とイメージの集中をミックスさせることで

タロットなどのオラクルカードを使った瞑想へとつなげることもできます。

まずは視覚で1枚のカードの絵に集中する。

次第に、その絵の中の特にメッセージ性の強い部分が

勝手にイメージとして動き始めることでしょう。

それをどう読み解くかは、その訓練を実践している方の技量となりますがw


他にこんな応用編もw

今の世の中、魔道書を持ち歩いたりしてれば変な人だの

最悪は要注意危険人物みたいなレッテルを貼られかねないですからねぇ~。

魔方陣(タリスマン)の類は円と正方形、正三角形を

いくつか組み合わせて出来上がってますから

必要な時にはイメージの中でそういう図形を組み合わせれば…

ほら、いろんなことが起き始めちゃうんですよw

いろんな図形を組み合わせたときに何が起きるかは

各自で体験してみることをお勧めします^-^

中にはとんでもなくお役立ちなものから

めんどくちゃ~><なものまでいろいろとありますからねぇ~w


ということで…

めんどくさがりなselaぴょんにより具体的なことを聞いたりしないでねw

思わず目がキラキラするような報酬を積まれたら…その時はまた別のお話^^

ってことにしておくのであったった☆

音への集中

2015-02-28 18:11:33 初出

「最近、招き猫がサボるのはselaぴょんのサボり癖が伝染したからだ」

と、変な言いがかりをおじいちゃん に付けられ

反論と昼行燈生活を死守するためにしばしブログだけでも

真面目に書いてやる~~~と決意w

いつまでこのやる気が続くかは謎ですが…オイ

そんな余談は隅っこに追いやって…久々に無の書です^^

単にギーター連荘に飽きたゆえの選択です^^;


今までの無の書は自分の意識、そして視覚に意識を向けてきました。

今度は「音」…聴覚へ意識を向ける訓練になります。

無の書では単純な音を選んでそれに集中しろってあります。

これ、仏教のとある宗派に似たような修行法があるのです。

そちらの修業は結構ハードです^^;

なんせ、食事中、睡眠中、読経中、修業に必要な会話中以外は

『無(む)』を唱え続けるというもの。

わかりやすく言うならロングブレスを「む」という音で

し続けろってことなんです。…息切れしそう><

それも、↑の時間以外は休むことなく唱え続けろっていうんです。

個人差はあるようですが、何日も続けるうちに頭の中に

「無」がこだまし始めるようになります。

寝ててもこだまするようになるけれど、ここまではまだいいのです。

その止め時さえ間違えなければ。

こだまする音に悩まされ寝ることができなくなるのは行き過ぎです。

真面目な修行者ほど止め時を見極められないようですが

それも致し方ないんでしょうねぇ~

単なる不眠症になるだけで終わればいいでしょうが…

ってことで修業失敗の最終結果は、あえて謎のままで^^;

ま、「人生は修業だ~!」って言うような方には本望でしょう^^


無の書は音に集中し、それによって脳内の邪念を追い払う手段として

「術」として身につけなさいと言ってます。

できるだけ単純で無意味な、それでいて不適切と思える言葉を

選ぶようにというのも意味があってです。

よく魔道系のラノベやコミック、アニメなんかで見るでしょ?

あのいみふで覚えられないような呪文の数々を^^;

言ってみれば、そんな意味すら分からないような

不条理な呪文を自分に刷り込むための訓練の一つでもあるのです。

できるだけ単純でいみふな言葉ほど訓練には都合がいいのです。

意味がある言葉だと思考はその言葉に関連する他の物を連想し

音に集中するのを邪魔するからなんですけどね。

で…↑の仏教修行までとはいかないまでも

無意識に頭の中で唱えている言葉がリフレインするように

なれば合格といったところでしょうか^^

誰でも違った形で経験あると思いますよ。

頭の中に音楽(歌)が無意識で再生され続ける経験が。

選んだ無意味な言葉がこういう状態になればいいってことです。


ということで次のブログネタが頭の中にこだましないうちに

今日のselaぴょんは昼行燈に戻ることにするのであったった~☆